静電気の除去方法!簡単対策グッズと車や服や夏まで発生する原理

静電気の除去方法!車や服や夏まで発生する原理

静電気の除去で簡単な方法を知っていますか?静電気の対策グッズが数多く販売されるほど静電気でお困りの方は多いですよね。

「私って静電気体質で…」という方が周りに1人は必ずいらっしゃいます。実際に私もその一人で秋から春までは、必ずといっていいほどバチッとなります。

静電気が起きやすい人もいればそうでない人もいますが、空気が乾燥する秋から冬にかけては静電気が起こりやすく早く春や夏がこないかなと考える人もいます。でも実は夏でも静電気が起きやすい体質の人もいるんです。

車に乗る時ドアノブに触るたびに、服を脱ぎ着するたびにくる、あの「バチッ」となるのは本当に嫌で、家族に触れるときもなるので、子供が手をつなぐのを嫌がったりする事もあり、どうにかできないかと考えました。

そこで今回は静電気の簡単な除去方法やグッズ、夏の対策から発生する原理について詳しくご紹介します。

スポンサーリンク

静電気の除去方法!対策で簡単にすぐできるのは?

目に見えない静電気はいつ発生するかわからずビクビクしますよね?自分が静電気体質でなくても周りに発生しやすい人がいると、もらい静電気で「バチッ」となることもよくあります。

私も発生しやすい体質なので、家族にちょっと手が触れた時に「ビリッ」と感電させてしまい驚かれることがあります。

たまに静電気を感じるのなら笑い事にもできますが、静電気体質の人は四六時中このような状態なので、何かに触るときにビクビクしてしまったり生活が楽しくありません。

そもそもなぜ静電気が発生するのでしょうか?

静電気は物と物がこすりあった時に発生するだけでなく、体に静電気がたまっていて放電したときにもおこります。つまり体の中にある電気を静電気が発生する前に放電すれば問題ありません。

具体的な簡単対策は、ドアノブを触る前に木の壁やクロスの壁紙などを触ると、静電気を発生しにくくなる効果があります。私もひどい時によく使っています。

外から家に入る前にはコンクリートやアスファルトに先に触れることも効果があるので冬場にはかかせないルーティーンになってしまいました。

ここで大切なのは「電気を通すもの」に触れることです。逆に言えば電気を通さないものである、窓などのガラス部分やゴムは効果がないので注意してください。

特に乾燥していると静電気が起こりやすくなっているので、静電気を発生させない為にはこまめに手を洗ったり、ハンドクリームを塗って潤いを保つのも静電気対策になります。ハンドクリームを塗ってからドアノブに触ると静電気が起こりにくくなるのでぜひ試してみてください。

また乾燥しやすいのは空気によく触れる部分なので、髪の毛にも注意が必要です。実際に服を脱いだりすると、髪の毛が服にくっついて逆だったりする人多いのではないでしょうか。

水を髪の毛にスプレーするだけでも静電気を抑える効果がありますが、静電気の発生を抑えるスプレーなども市販されているのでお好みの香りなどでチョイスしてみてください。

静電気の除去対策グッズのオススメ!一番効果的なのは?

カー用品店でよく取り扱いのある放電キーホルダーは定番ともいえる対策グッズです。私も持っていますが、実は持ち歩くのをついつい忘れがちなので1つだけだとたまに不便なことがあります。

スーパーの冷凍食品売り場など、静電気の起こりやすい思わぬ場所は案外多いので静電気対策グッズを忘れた時は本当に困ってしまいます。

そういった静電気の起こりやすいものに触らないことも必要ですが、ポケットにコインや金属のキーホルダーを入れておいてまめに触って放電しておくと静電気が起こりにくくすることができます。

ですが放電キーホルダーほどの効果は期待できないので、キーホルダーを複数個用意するか忘れないように気をつけたほうがよいでしょう。

そこで私のオススメは鍵やキーホルダーをまとめることの出来る、アルミ製のカラナビです。

アルミ製のカラナビなら安価ですし、自宅の鍵と一緒に放電キーホルダーを取り付けておけば忘れにくくなるので便利です。

さらにこのカラナビを物と体の間にはさんで身代わりにすれば、摩擦によって発生する静電気が起こりにくくさせることもできます。この方法ではバチッと音はしますが、直接痛みを感じることはないので安心です。

またコートなどの衣類を脱ぐとき、また着るときでも静電気が発生します。静電気がほこりが吸い寄せられてしまうので見た目も健康にもよくありません。

そんな時、私は静電気除去ブラシという特殊なブラシで服を払っています。こうすることで静電気をため込むことなく、服も清潔に保てるのでかなり便利です。

このほかに静電気対策のブレスレットやネックレスもありますが、これは直接電気を逃がすものなので、間接的に放電するグッズよりは効果が低めになるのでキーホルダーなどと併用したほうがよいでしょう。

一番効果的なグッズをつきつめていけば本格的なプロ仕様の静電気対策グッズがあります。例えば静電気が起こると困るパソコン内部の作業をするときのために、静電気防止マットや静電気防止手袋や体内の電気をアースできる静電靴などもあります。

他にも静電気の発生しやすい場所にはる静電気除去テープなどもパソコンの多い職場の机などに使用されていますが、家庭で利用するにはコストや見た目が現実的ではありません。

なので常に携帯ができるタイプの静電気グッズなどを複数利用し、除去方法でご紹介した対策を行うのがよいでしょう。

最近では静電気シートをエレベータや会社の事務所の入り口などに取り付けているのもよく見かけます。

静電気シートならさわることで体内の電気を放電することができ便利なのです。自分のグッズだけでなくこのような設備を見つけたら積極的に利用させてもらいましょう。

スポンサーリンク

静電気の除去対策が夏に必要な人は不健康?

空気が乾燥する時期だけでなく、1年を通して静電気が発生しやすい人は帯電体質と言われています。

帯電体質だと体の中にため込んだ電気を外に放電出来ず、自然に放電出来る人と比べると電気を引き寄せやすいのです。まさしくこの放電体質が自分…と思う人多いですよね。

なぜ帯電体質の人は電気を引き寄せやすいかというと、電気には乾電池等と同じようにプラスとマイナスがあり、プラスの電気とマイナスの電気はお互いを引き寄せ合う磁石のような性質があります。

帯電体質の人は、体の中のマイナスイオンが帯電体質ではない人に比べて圧倒的に不足している為、逆にプラスの電気が多く溜まって外部からマイナスの電気を引き寄せてしまいやすくなり、帯電体質になるのです。

また帯電体質の人はマイナスの電気が不足している為、血液が濃い状態にあります。健康番組でよく映像が放送される血液が流れにくくつまりやすい状況がまさしくマイナスの電気が不足している状態です。

つまり血液が固まりやすくなっており循環機能が低下しているため、不健康な状態なのです。

静電気が発生すると必ず不健康と言うわけではありませんが、静電気が発生しやすい人は帯電体質である可能性が高いので、不健康な状態だと言われています。

具体的には肩こりや腰痛が取れない疲れやすいなど、免疫力が落ちているため悪循環を引き起こす事が多く、実際に私自身もかなり心当たりがあります。冬は血行が悪くなり肩こりもひどくなる事が多い、そうすると帯電体質になって、ドアノブをさわるとバチッとなる、心当たりがあれば注意して対策をとりましょう。

帯電体質の対策としては食事の改善が効果的です。帯電体質だとビタミンが流れやすくなっているので、カルシウムやマグネシウムを多く取ること、他にもカリウム、ナトリウム、ミネラルを含んだ食品を取るように心がけます。

おすすめの料理としては鍋料理!野菜やお肉、お魚、豆腐やきのこなどを豊富にいれる為、栄養素が取りやすいだけでなく、乾燥しやすい家の中の湿度を上げてくれるのでおすすめです。逆にジャンクフードや肉のみの摂取などは栄養バランスが悪いので控えるのが良いです。

私も冬場は特に気をつけて食事を野菜中心にしていると、静電気が発生しにくい体質になっていると感じました。逆に偏った生活が続いていると帯電体質になっているなと感じます。

冬場、特に12月は忘年会やクリスマスなどのイベントが多い季節なので、無理をしない程度におこなうのが良いですね。

部屋の乾燥を防ぐために加湿器を使うのも効果的ですが、出来ればこまめに水分を取ることも体のなかにマイナスイオンを取り込む効果があります。

水であればコンビニで100円位なので低コストですし、職場などにウォーターサーバーがあるのであれば積極的に利用させてもらいましょう。私も冬の大イベントがある日は、午前中から積極的に水をとるようにつとめています。

また髪の毛は枕とこすれあって静電気を起こしやすく、寝ている時や朝起きた時に頬に髪の毛がついている事ありますよね。髪の静電気におすすめなのが、洗い流さないアウトバスのトリートメントや髪に潤いを与えるスプレーで、お風呂あがりにオイルのトリートメントで髪の毛を保護すると髪の毛の静電気が起きにくくなります。

ハンドクリームを髪の毛につけるのも良いのですが、ベタベタになってしまうので、あくまでちょっとした時の応急処置にはおすすめ、夜アウトバスのトリートメントをつけない人は朝のセットでさらさらタイプのヘアクリームを利用してみるのも良いですよ。

静電気の発生する原理と車や服で発生する理由は?

静電気の除去方法!簡単対策グッズ

静電気が発生するメカニズムはなんとなくわかっているのですが、なぜ突然発生する時と発生しない時があるのでしょうか?

例えば車に乗る前は静電気が発生しなかったのに、急に車内で突然発生することがあります。

車のキーがキーレス・リモコンが主流になったので、現在では車に乗る時に静電気に会うことは少なくなりましたが、それでも車内でのバチッは怖いですよね。

また服を着るときには静電気がなかったのに、帰宅後に上着を脱いだときや、脱衣所でいきなりバチバチするのも困りものです。

先にもご紹介しましたがそもそも静電気とは余剰な電気が逃がされずに物質内にとどまっていることが原因で起こります。

最初はあまり溜まっていなかった静電気が、車でシートと背中がこすれあったり、移動中に服と服がこすれあって静電気が発生し、それが体内に蓄積されてプラスの電気を帯びます

そしてドアノブなどの金属部はマイナスの電気を帯びているため、接触すると放電し、あのバチッとした状況ができてしまうのです。

この原理からなるべくプラスの電気を帯びないようにすることが静電気対策になります。

服だと毛皮、ウール、ナイロン等の素材がプラスの電気を帯びやすく、冬物の服はウール素材が多いので静電気がおこりやすい、逆にアクリル、ポリエステル、麻、綿がマイナスの電気を帯びやすいので、マイナスとプラスの服の素材をあわせる事が大切です。

またプラスの電気を帯びやすい服、ウールを重ね着してしまうと静電気の発生が多くなってしまうので、ウールやナイロン素材はなるべく重ね着をせず、綿等を取り入れて、静電気の発生を抑えましょう。

私も空気が乾燥しやすい秋や冬は服を2枚、3枚と重ね着することが多いので、服の素材の組合せには気を付けています。

ただコーディネートを考えると、どうしてもプラスとマイナスが重なることもありますよね。そんな時は衣類用の静電気防止スプレーを利用し対策をとっておしゃれも楽しみましょう!

静電気の除去方法と簡単対策グッズのまとめ

  • 簡単な静電気除去方法は壁などを先に触って放電すること
  • 手にはハンドクリームを、髪は専用スプレーorクリームを塗ることも効果的
  • 静電気グッズで実用的で効果が高いのはキーホルダー
  • 静電気キーホルダーは忘れやすいのでカラナビで鍵とあわせて携帯しよう
  • 服には静電気除去ブラシやスプレーがオススメ
  • 夏まで静電気が発生しやすい人は健康に注意、ビタミンやミネラルと水を多く摂取して
  • 服の素材の組み合わせでも静電気が発生するのでコーディネートに注意

静電気の「バチッ」は痛いだけでなく気持ちとしても憂鬱なものですよね。静電気で顔がこわばったり、悲痛な小声を上げてしまった時に感じる周りの視線もつらいものです。

静電気は一瞬でさっていくので、周囲の人には理解してもらいづらい面もあるので出来れば出会わずにすませたいですよね。

また身体が不健康な状態だから発生しやすいとすれば緊急事態です。「こういう体質だから」とあきらめている場合ではありません。

毎日の生活習慣や食生活を見直すことで、静電気体質から健康な体質になって、あの「バチッ」とさよなら出来るよう心がけておきたいものです。

いきなりの改善は難しいですし、いろんなグッズを一気に使っては何が効果的なのかわからなくなりますので、コツコツと対策を試していって見てください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ