ワイシャツ襟汚れと黄ばみの原因と落とし方!重曹と漂白剤でクリーニングいらず

ワイシャツ襟汚れと黄ばみの原因と落とし方

ワイシャツ襟汚れと黄ばみの原因と落とし方を知ってクリーニングいらずの洗濯をしたくありませんか?

暑い夏、汗を特にかくこの季節に気になるのがワイシャツの襟汚れですよね。

折角アイロンをかけて綺麗にしていても、襟の汚れが付いていては台無しです。

クリーニングに出せば綺麗になりますが毎回出していてはお金がかかってしまい、主婦としてはうれしくありません。

しかし、自宅で何度洗ってもなかなか落ちないこの汚れ…汚れの正体は一体何なのでしょうか?自宅で汚れを落とす方法はあるのでしょうか?

ワイシャツの黄ばみや汚れの原因と、重曹と漂白剤を使って綺麗にスッキリ洗い上げる落とし方をご紹介します。

スポンサーリンク

襟汚れの黄ばみと黒ずみの原因

白いワイシャツは爽やかさをアピールできる大事なアイテムですが、何回か着ると汚れが目立ち始めてきます。

襟汚れをはじめ部分的に黄ばみが見えたり、黒ずんでしまったりと最初の頃の美しさがどんどんなくなっていきます。

しかも普通の洗濯ではあまり落ちません。一体どうすれば落ちるのでしょうか?

まずはじめに知っておきたいのは、何が原因で汚れているのかということです。

襟汚れの原因は主に皮脂とホコリが原因です。

黄ばみの原因

人は汗をかく同時に皮脂も出しています。通常の洗濯で取りきれなかった皮脂は時間とともに酸化して、襟の繊維に絡み付き黄ばみへとなっていきます。

黒ずみの原因

上記の皮脂が酸化するのにあわせて、ホコリや土などがワイシャツに付着して黒ずみとなります

黄ばみと黒ずみどちらにも言えることですが、時間が経ち酷くなればなるほど、落ちにくくなります。軽度なうちに洗濯したほうが楽です。

重曹と漂白剤を使った落とし方

ではどのような方法でワイシャツ襟汚れの黄ばみや黒ずみを落とすのかをご紹介します。

お掃除の定番「重曹」と、「酸素系漂白剤」で襟をスッキリ綺麗にしちゃいましょう!

この方法は時間の経ってしまった頑固な襟汚れにも有効な手段なので、あきらめていたワイシャツにも試してみてください。

漂白剤は塩素系を酸素系の2種類ありますが、酸素系漂白剤を使用します。裏の成分表などを確認して酸素系漂白剤であることを確認してください。

【用意するもの】

  • 重曹
  • 酸素系漂白剤
  • アイロン
  1. 重曹と酸素系漂白剤を1:1の割合で同量のぬるま湯に混ぜる
  2. 「1.」で作ったものを襟汚れにまんべんなく塗布する
  3. アイロンの「スチーム」のみを汚れに当てる(※アイロンをかけてはいけません!スチームを「あてて」下さい)
  4. 洗濯機で洗濯します。他の洗濯物と一緒でも大丈夫ですが色落ちがしやすい濃色の衣服は避けたほうが安全です。

※酸素系漂白剤が液体の場合はぬるま湯に溶かさなくてもよいので、重曹と酸素系漂白剤を1:1で混ぜて下さい

その他の黄ばみの落とし方

ワイシャツ襟汚れと黄ばみは重曹と漂白剤

重曹や酸素系漂白剤は家に無いという方でも大丈夫です。その他の黄ばみの落とし方をご紹介します。

汚れの原因は皮脂、つまり油です。ということは、油を落とす効果があるものなら汚れ落としの期待ができるということになります。

ご家庭にある油を落とすもので黄ばみを撃退しましょう!

台所洗剤を使う

【必要なもの】

  • 台所洗剤
  • 使い古しの歯ブラシ
  1. 汚れに台所用洗剤を付ける
  2. 歯ブラシでこする
  3. 水ですすいで、洗濯機で洗濯する

※こすりすぎてワイシャツ自体を痛めないよう注意しましょう。歯ブラシではなく手で揉み込み洗いでもOKです。

※原液をつけると頑固な汚れも落ちますが、反面、生地も非常に痛めやすいので、弱っている生地や柄物などは使用を避けて下さい。

重曹とクエン酸

【必要なもの】

  • 重曹
  • クエン酸
  • 使い古しの歯ブラシ
  • スプレーボトル
  1. 重曹を少量の水で溶かし、ペースト状にする
  2. 「1.」で作ったものを歯ブラシに付け、襟汚れに塗布する
  3. クエン酸を薄めた水をスプレーボトルに入れ汚れに吹きかける
  4. 洗濯機で洗濯する

重曹とクエン酸が反応しシュワシュワとなりますが、この状態が汚れ落としに効果があるので安心して下さい。

クレンジング(化粧落とし)を使う

【必要なもの】

  • クレンジング(化粧落とし)
  1. クレンジングを適量、汚れに塗布する
  2. 手で揉み洗いをして、ぬるま湯ですすぎます
  3. 洗濯機で洗濯する

※水ではなく温かいお湯の方が、汚れが落ちやすいです

シャンプーを使う

【必要なもの】

  • シャンプー
  • 使い古しの歯ブラシ(できれば柔らかいもの)
  1. シャンプーを適量、汚れに塗布する
  2. 揉みほぐすように洗う
  3. 歯ブラシで優しく擦って汚れを落とす
  4. 水で濯ぎ、洗濯機で洗濯する

※「3.」の時に力を入れ過ぎるとワイシャツ自体が傷んでしまうので、力加減に注意して下さい。

スポンサーリンク

襟汚れと黄ばみの防止方法

せっかく綺麗にしても、またすぐに黄ばんでしまっては苦労が増えるだけです。綺麗にすると同時に黄ばみ防止もしておきましょう!

ベビーパウダーを使う

洗濯後のワイシャツの襟部分に、ベビーパウダーをポンポンと付けるだけです。

パウダーには皮脂や汗を吸収してくれる性質があるので、汚れが付きにくくなります。

このベビーパウダーは赤ちゃんだけでなく、最近ではファンデーション代わりに利用し肌状態がよくなることでも注目されています。

お値段もお手頃ですしスキンケアもできるので、ぜひ購入し試してみましょう。

汗拭き用シート、制汗シートを使う

やはり原因である汗や皮脂を付けないようにするもの大切です。汗をかいたら首周りなどを汗拭き用シートで拭きましょう。

夏場でたくさん使う場合は大容量タイプでもいいですし、コストが気になるなら濡れタオルでも代用できます。

濡れタオルでも皮脂がとれるので汚れ・体臭予防にもなり、冷却効果が高いので体が冷えて汗がでにくくなるので一石二鳥です。

スプレー式の糊を付ける

クリーニングに出すと襟に糊が付いてきますよね?あれは糊をつけることによって、バリアを張り汚れをつきにくくしているのです。

同じように洗濯物を干すときにスプレー式の糊をかけておくだけで汚れ防止効果が出ます。その効果は枕の黄ばみを防ぐほどです。

夏場は寝苦しい夜なので、起きると枕が大量の汗で濡れていることも多々あります。これもほっておくと黄ばみになりますが、スプレー式の糊を一吹きしておくとつきにくくなります。

この効果をワイシャツにも応用できるので、ぜひ試してみましょう。

スティック糊を使う

スティック!?と驚かれる方もいると思いますが、理由はスプレー式の糊と同じです。

そして実はスティック糊は襟の汚れ落としにも効果的なんです。洗濯前のワイシャツの襟に付け、よく乾かしてから洗濯してみてください。

糊に含まれている成分が皮脂を分解する効果があります。

汚れガードテープを貼る

襟や袖などの気になる所に貼るだけで、汚れを防いでくれます。

目立たないか心配だと考える人も多そうですが、はみ出してもあまり目立ちません。

ゆっくりと剥がせば傷つきにくいのでデリケートな素材でも利用が可能です。これなら簡単に汚れ防止ができますね!

ただし、あなたの肌との相性もあるので、肌が敏感な人はテストしてから使ったほうが安全です。

まとめ

  • 襟汚れの黄ばみは重曹と漂白剤をつけてアイロンスチームを当てる
  • 台所用洗剤・クレンジングオイル・シャンプーを使った落とし方もある
  • 防止グッズがたくさんあるので自分にあったものを見つけよう

ワイシャツは普段着よりもフォーマルな場所で着ることが多いので、黄ばみや黒ずみであなたの評価が下がらないように気をつけましょう。

個人差はあるものの、誰も襟汚れの黄ばみからは逃れられません。落とし方を聞くとちょっと手間に感じると思いますがなれると簡単です。

キレイなワイシャツを着ると、なんだか気持ちまで晴れやかに、爽やかになりますよね。色々な方法がありますので、是非一度、ご家庭に合った方法でお試し下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ