ミニロトの確率を上げる数字!計算方法やクイックピック・番号の並び比較

ミニロトの確率を上げる数字!

「ミニロトの確率を上げる方法が知りたい」

「ミニロトの確率の計算方法はどうすればいいの?」

高額当選を狙うなら、確率を知って数字を選んだほうがよいです。

ミニロトは5つの数字を選ぶだけで購入できる宝くじ。

しかしミニロトには出現回数が多い数字があったり、確率が低い当選番号の並びがあります

つまり、ミニロトを確率を知らず購入している人は損をしているかもしれません

そこで今回は

  • ミニロトの確率!計算方法と宝くじ比較
  • ミニロトの確率を上げる数字!当選率をアップさせる方法
  • 確率が低い番号の並びに注意【連続数字の当選回数比較】
  • クイックピックの確率!ミニロト高額当選者も利用

をご紹介します。

確率を計算して比較してみると、他の宝くじよりもミニロトは高確率です。

そんなミニロトを、さらに確率を上げるために当選番号の過去データを利用する人もいます。

もちろん、必ず当たるわけではありません。

しかし、何も知らずにミニロトを購入するより、楽しめるメリットは必ずあります。

ミニロトを「買い続ける」「口数を増やす」以外で、確率アップする参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ミニロトの確率!計算方法と宝くじ比較

ミニロトは確率が高い宝くじになっています。

他の宝くじよりも高額当選の確率が高いと人気です

実際に計算してみると、確かにミニロトの当選確率が高いことがわかります

以下が、ミニロトの1等から4等までの確率です。

◆ミニロトの確率

当選金額 当選確率
1等 約1,000万円※ 169,911分の1
2等 約15万円 33,982分の1
3等 1万円 1,359分の1
4等 1,000円 52分の1

※最高金額は4,000万円

上記のミニロトの確率は「コンビネーション」という計算方法でもとめられます。

「ミニロト計算って大変じゃないの?」

「なんかミニロトの計算って面倒臭そう……」

確かに、計算方法と聞くと苦手意識がでちゃいますよね。

ですが、ミニロトの確率はコンビネーションを使えば、誰だって計算することができます。

◆計算方法「コンビネーション」とは

  • 組み合わせを求める計算方法
  • 数式は「nCr」

例えば「1~5の数字から、数字2個を選ぶ時、組み合わせはいくつできる?」という問題が計算できます。

計算式が無いと、手作業で以下のよう数えることになるので大変です。

数字 1 2 3 4 5
1
2
3
4
5

※「1と2」と「2と1」のような順番が違う数字は、同じ組み合わせなの「✕」です。

「◯」を数えると10個になるので、数字の組み合わせは10個となります。

この作業をコンビネーションなら、計算式でもとめることが可能です。

◆コンビネーションの計算(数字5つから数字2つを選ぶ場合)

  1. nCrに数字をいれる
  2. n=数字5つ、r=数字2つなので5C2 
  3. r側は「1」になるまでの数字、すべてをかける(2×1)
  4. n側はr側と同じ個数、数字を下げてかける(5×4)
  5. Cは÷なので5C2=(5×4)÷(2×1)となる
  6. 20÷2=10
  7. 答えは10通りとなる

上記のように、コンビネーションなら組み合わせの計算が可能です。

1つ1つを手作業で行う必要がないので、短時間で計算できます

実際に、計算方法「コンビネーション」を使ってミニロトを計算した結果が以下です。

ミニロト1等の確率計算と結果

ミニロトの確率計算にも、コンビネーションが利用可能です。

1等の当選条件は、当選番号5つすべてが当たること

その上で、ミニロトは数字31個から5つ選ぶので以下のようになります。

◆ミニロト1等の確率計算

  1. nCrに数字をいれる
  2. 数字31個から数字5つを選ぶので「31C5」
  3. r側は「1」になるまでの数字、すべてをかける(5×4×3×2×1)
  4. n側はr側と同じ個数、数字を下げてかける(31×30×29×28×27)
  5. Cは÷なので31C5=(31×30×29×28×27)÷(5×4×3×2×1)となる
  6. 20,389,320÷120=169,911
  7. 答えは169,911通りの組み合わせ

1等は通常1口なので「169,911分の1」が確率の計算結果です

同じように、ミニロトの2等の確率計算もコンビネーションを使って計算できます。

ミニロト2等の確率計算と結果

ミニロト2等の確率計算は、当選条件が1等と違うため数式に当てはめる数字が変わります。

ミニロトの抽選は「数字5つ(本数字)」と「ボーナス数字1つ」の計6つの数字が選ばれる仕組みです。

2等の当選条件は、上記の選ばれた本数字から「数字4つ」と「ボーナス数字1つ」がそろうこと

なので、ミニロト2等の確率計算は以下のような数式になります。

◆ミニロト2等の確率計算

  1. nCrに数字をいれる
  2. まず本数字5個から数字4つを選ぶので「5C4」
  3. r側は「1」になるまでの数字、すべてをかける(4×3×2×1)
  4. n側はr側と同じ個数、数字を下げてかける(5×4×3×2)
  5. Cは÷なので5C4=(5×4×3×2)÷(4×3×2×1)となる
  6. 120÷24=5
  7. 次にボーナス数字は1つの数字なので1C1なので1÷1=1
  8. よって5×1=5
  9. ミニロトの数字組み合わせは169,911分通りなので、答えは169,911分の5

ミニロト2等の確率計算の結果は「169,911分の5」となります

分子を1にした「33,982分の1」も、ミニロト2等の確率です。

ちなみに、ミニロト3等も同じコンビネーションで計算できます。

ミニロト3等の確率計算と結果

ミニロト3等の確率計算にも、3等の当選条件で数字が変わります。

3等の当選条件は、選ばれた本数字5つのうち4つが当たっていること

ですので3等の確率計算は以下のようになります。

◆ミニロト3等の確率計算

  1. nCrに数字をいれる
  2. まず本数字5個から数字4つを選ぶので「5C4」
  3. r側は「1」になるまでの数字、すべてをかける(4×3×2×1)
  4. n側はr側と同じ個数、数字を下げてかける(5×4×3×2)
  5. Cは÷なので5C4=(5×4×3×2)÷(4×3×2×1)となる
  6. 120÷24=5
  7. さらに残り25個の数字から1つハズレをひくので「25C1」
  8. 25C1=25÷1なので「25」
  9. よって5×25=125
  10. ミニロトの数字組み合わせは169,911分通りなので、答えは169,911分の125

3等の計算結果は「169,911分の125」です

分母を「1」にすれば、ミニロト3等の確率は「1,359分の1」となります。

だんだん当たりそうな確率になってきましたね(笑)

最後にミニロト4等の確率計算をご紹介します。

ミニロト4等の確率計算と結果

ミニロト4等の確率計算にも、当選条件の数字をあてはめます。

4等の当選条件は、抽選で選ばれる本数字が3つ当たることです

よってミニロト4等の確率計算は以下のようになります。

ミニロト4等の確率計算

  1. nCrに数字をいれる
  2. まず本数字5個から数字3つを選ぶので「5C3」
  3. r側は「1」になるまでの数字、すべてをかける(3×2×1)
  4. n側はr側と同じ個数、数字を下げてかける(5×4×3)
  5. Cは÷なので5C3=(5×4×3)÷(3×2×1)となる
  6. 60÷6=10
  7. さらに残り26個の数字から2つハズレをひくので「26C2」
  8. 26C2=(26×25)÷(2×1)なので「325」
  9. よって10×325=3,250
  10. ミニロトの数字組み合わせは169,911分通りなので、答えは169,911分の3,250

ミニロト4等の確率計算の結果は、169,911分の3,250となります

わかりやすく分子を1にすると「52分の1」です。

このように、当選条件と数式(コンビネーション)をあわせれば誰にでもミニロトの確率計算ができます。

そして、計算結果のミニロトの確率は、他の宝くじに比べて高いです。

実際にミニロトの確率と、その他宝くじの確率を比較してみました。

以下がミニロトと、その他宝くじの確率比較です。

ミニロトと宝くじの確率比較

ミニロトの確率と、他の宝くじを比較したもの以下の表となります。

宝くじ名 1等の当選金額(※) 確率(理論値)
ミニロト 約1,000万円 169,911分の1
ロト6 2億円 6,096,454分の1
ロト7 6億円 10,295,472分の1
ナンバーズ3 9万円 1,000分の1
ナンバーズ4 90万円 10,000分の1
ビンゴ5 約555万円 390,625分の1
toto 1億円 1,600,000分の1
mini toto 1万円 243分の1
toto GOAL3 10万円 4096分の1
toto GOAL2 1万円 256分の1
BIG 3億円 4,800,000分の1
100円 BIG 1億円 4,800,000分の1
BIG 1000 約1,000万円 177,147分の1
mini BIG 約100万円 19,683分の1
ジャンボ宝くじ 7億円(2017年) 20,000,000分の1

※当選金額は、発売額と当選口数で変動するので、上記はあくまで理論値

ほとんどの宝くじより、ミニロトの確率が高いことがわかりますね

ミニロトよりも確率が高い宝くじもありますが、当選金額と比較して考えるとミニロトは高額当選が狙えて確率が高いほうです。

「どの宝くじを買ったらいいか?」と悩んだら、確率を考えてミニロトに挑戦するのもよいでしょう。

普通に購入しても確率が高いミニロトですが、さらに確率を上げる方法があります。

もちろん、必ずミニロトが当たるわけではありません。

しかし、ただ購入するよりも確率を上げる方法を知って購入するとワクワク感がアップします。

次に、ミニロトの確率を上げる方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ミニロトの確率を上げる数字!当選率をアップさせる方法

ミニロトの確率を上げる方法には、過去の当選番号を参考にする方法があります

ミニロトは現在、1,000回以上おこなわれているので、過去の当選番号のデータが豊富です。

この過去の当選番号をチェックすると、ミニロトで当たりやすい数字がありました。

当たりやすい数字を知ることで、ミニロトの確率をアップする参考になります。

ミニロトの数字の出現回数と呼ばれています。

以下が過去のミニロトでよく出る数字、出現回数の一覧です。

ミニロトで出現回数が多い数字ランキング(※2019年1月21日現在)

順位 数字 出現回数
1位 11 192
2位 22 183
3位 14 179
4位 10 178
5位 30 177
6位 2 173
6位 19 173
6位 24 173
9位 20 172
10位 31 171
11位 21 168
12位 18 167
13位 27 166
14位 23 165
15位 3 164
16位 5 162
16位 16 162
18位 17 161
19位 7 158
20位 4 157
21位 15 156
21位 25 156
23位 8 153
23位 9 153
23位 28 153
26位 6 150
27位 29 149
28位 13 148
29位 26 145
30位 12 141
31位 1 135

ミニロトの出現回数で、1番よく出る数字は「11」になります

数字の「11」は、最下位の数字「1」と比較すると50回以上出現回数が違いますね。

ある意味「1」を選ぶよりも「11」を選んだほうが、50回以上当選率がアップしていたと言えるかもしれません……

実際に上記の出現回数の多い数字で購入し、ミニロトの確率を上げるようにしている人もいます。

逆に、出現回数が低い数字を選び、数字の平均を狙って確率を上げるようにしている人も。

狙い方は様々ですが、自分が選んだ数字がどのくらいの出現回数なのか?知るのはおもしろいですね。

ちなみに、上記はミニロトの本数字の出現回数になります。

ミニロト2等を決定するボーナス数字にも、出現回数があるので以下でご紹介します。

ボーナス数字の出現回数が多いランキング(※2019年1月21日現在)

順位 ボーナス数字 出現回数
1位 3 46
2位 18 44
3位 16 43
4位 5 41
4位 15 41
6位 12 40
7位 11 39
8位 1 38
9位 6 36
9位 26 36
9位 28 36
12位 17 35
13位 2 34
13位 8 34
13位 31 34
16位 22 33
17位 20 32
17位 23 32
19位 9 31
20位 4 30
21位 7 29
21位 10 29
21位 25 29
24位 14 26
24位 24 26
24位 27 26
27位 13 25
28位 21 23
29位 30 21
30位 29 20
31位 19 19

上記がミニロトの、ボーナス数字の出現回数です。

ボーナス数字は2等にしか利用されない数字となります

つまり、ボーナス数字の出現回数を比較して、少ない5つの数字を選ぶことで1等の当選確率を上げることにつながるかもしれません

このように、過去のミニロト数字の利用方法はたくさんあります。

オリジナルで、ミニロトの確率を上げる方法を考えてみるのもいいですね。

ぜひ、当選確率アップの参考にしてみてください。

また、逆にミニロトの確率を下げる要因もあります。

それがミニロトの当選番号の並びです。

次に、ミニロトの確率を下げる番号の並びをご紹介するのでチェックしてみてください。

スポンサーリンク

確率が低い番号の並びに注意【連続数字の当選回数比較】

ミニロトの確率を下げる要因に、番号の並びがあります。

お気に入りの数字や、出現回数が多い数字を選んでも確率から見るとやめておいたほうがいい番号の並びがあります。

やめておいたほうがいい確率が低い番号は、3つ以上連続した番号の並びです。

1,000回以上開催されているミニロトの抽選会ですが、連続する数字では当選番号になる可能性が低い傾向にあります。

過去データにある、当選番号が連続した数字だった時の当選回数の比較は以下のとおりです。

◆ミニロトの連続数字の当選番号の回数比較(※2019年1月21日現在)

当選番号の連続数 当選回数
5連続の当選番号 なし
4連続の当選番号 4回
3連続の当選番号 60回
2連続の当選番号 478回

※当選回数はボーナス数字を含む結果です。

上記が、ミニロトの当選番号で連続した数字がでた時の当選回数です。

当選回数を比較すると、当選番号が連続する確率は半分以上になっています。

しかし、ミニロトの当選番号で連続するのは、ほとんどが2連続の数字です。

お気に入りの数字が連続するなら、2連続までにしておいたほうが確率的には高いとも言えますね。

クイックピックの確率!ミニロト高額当選者も利用

ミニロトのクイックピックで当選する確率は不明です

クイックピックとは、選ぶ5つの数字を自動で選んでくれるシステム。

クイックピックは自動で数字を選んでくれるので、迷った時に便利ですが自分で数字を選べない面もあります。

当選者が、どのくらいクイックピックを利用しているのかわかれば確率が比較できるのですが……

残念ながらデータがないので、クイックピックの確率を比較することは現在できません。

また、クイックピックを使って数字に偏りを感じる人もいます

クイックピックの確率はわからないので、確率重視の人は自分で数字を選んだほうがよいでしょう

ただし、クイックピックでの高額当選者はいます。

ミニロトで、いつも数字を選んでいてクイックピックの切り替えた時に高額当選したそうです。

クイックピックを利用するなら、運試しと考えて思い切り楽しみましょう。

実際に運気を大事にすることで高額当選している人もいます。

宝くじが当たる人の買い方や風水・保管場所をご紹介しているので参考にして見てください。

ミニロトの確率のまとめ

  • ミニロトの確率は1等が169,911分の1
  • 確率の計算方法はコンビネーション「nCr」
  • ミニロトは他宝くじと比較して高確率
  • 確率を上げるなら数字の出現回数をチェック
  • 確率が低い当選番号の並びに注意
  • クイックピックの確率は不明

確率を上げる単純な方法には「買い続ける方法」や「口数を増やす方法」があります。

しかし、ただ買い続けるだけでは味気ないですよね。

そんな時は、ミニロトの確率を計算したり数字を調べてみましょう。

確率から、よく出る数字や番号など見えるものがあります

同じ金額で購入するのなら、確率が高いものを選ぶのもありです。

5つの数字を選ぶ時に迷ったら、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ