コンロやIHガラストップの簡単掃除方法!重曹と酢や五徳のつけおき方法

コンロやIHガラストップの簡単掃除方法

調理後にコンロのお掃除はされていますか。日々の生活で料理が一番手がかかるのでついついコンロは放置しがちですよね。

お湯が吹きこぼれてしまったり、揚げ物の油が飛んだり、調理を行うたびにコンロは汚れているため毎日使用後はお掃除が必要です。

汚れが目立ってきてからいざお掃除をしようと思っても、コンロやIHガラストップにこびりついた油や焦げなどのしつこい汚れはなかなか落ちにくいです。

汚れを残したコンロで日々料理を繰り返すと、以前についた油や焦げがさらに頑固な汚れとなりますます落ちにくくなってしまいます。

汚れのミルフィーユになっていくだけです。長期間にわたってお掃除を怠ってしまい、頑固な汚れが落ちないとお悩みの人は多いはず。

コンロの焦げつきから五徳の汚れ、茶色い輪のような形の焦げがとれないIHガラストップなどの頑固な汚れを、新品のようにスッキリ落とす方法をご紹介します。

スポンサーリンク

酢と重曹を使ったコンロの掃除方法

コンロの油・焦げ汚れは、食器用の中性洗剤を使って擦ってもなかなか落ちないですよね。

力任せにゴシゴシこすってもなかなか落ちず、時間と労力がかかってしまいます。

ですが、汚れを残したまま再び料理を行ってしまうと、頑固な汚れと化して、ますます落ちにくくなってしまいますので、早い段階で徹底的に汚れを落としましょう。 

軽い汚れには、酢のスプレーをコンロ全体にたっぷり吹きかけ、しばらく放置します。

酸性の酢が汚れを浮かし上げてくれるので、その後布巾で拭きとるだけで汚れがスッキリ落ちます。酢には除菌効果もあるので炒めたものが落ちやすいコンロの掃除にもむきます。

また、頑固なコンロの汚れには酢と重層と台所用洗剤を混ぜて使う方法が効果的です。

まずは、お掃除に使用する洗剤を手作りで作っていきます。簡単に作れるのでぜひ試してみてください。

  1. 重層を半カップに、台所用洗剤を大さじ2程度加えて混ぜます。
  2. ペースト状になったら、酢を大さじ1加えます。

そうすると台所用洗剤と重層と酸性の酢が混ざり合って泡状のペーストに変化します。たったこれだけで完成です。

この重層とお酢で作った洗剤をコンロの汚れがひどい部分に塗ってパックします。1時間程放置し、その後布巾で拭きとると汚れがスッキリと落ちます。

通常であればコンロの焦げ付きや油落としには市販の強いアルカリ洗剤を何度も使わないと落とすことは出来ません。その場合、換気を行わなければいけなかったり、皮膚に直接つくと肌荒れを起こしてしまうことも多々あります。

毎日お料理をする場所なので、ちょっと抵抗感がありますよね。

ならばとスチーム用のクリーナーを購入して、安全なスチームだけで油汚れを落とそうとする人もいます。ただスチームはやけどに注意しながら作業をしなくてはいけませんし、すぐに取り掛かることが出来ない難点があります。

酢と重層でのお掃除なら強い洗剤だけを使用するよりも安全で、しかも効率的。効果も高いのでオススメです。酢はクエン酸でも代用できるので、臭いや好みによって選んでいただいても大丈夫です。

スポンサーリンク

五徳のつけおき掃除方法

五徳は複雑な形をしているので、ゴシゴシ磨くのは難しいですよね。

また掃除中に五徳の複雑な形でケガをしてしまう可能性もあるのでゴム手袋を必ず着用してから行ってください。

焦げ落としにはアルカリ性の重層が効果的なため、五徳を重層水に浸け置きして汚れを浮き上がらせて、お掃除をする方法をオススメします。

大きめの鍋を用意して、水・重層・五徳を入れてグツグツと沸騰させます。そのまま、一晩浸け置きし、翌日擦ると汚れが落ちやすくなります。

重曹は沸騰させると炭酸ソーダに早変わりします。炭酸ソーダは重曹よりもpHが高いので油汚れに効果的です。

長期間にわたって付着していた焦げ付きは、煮込んでしまうことでふやけて落ちやすくなります。

また、五徳が入るような大きな鍋をお持ちでない方は、バケツ重層と40度のお湯を入れて、その中に五徳を一晩浸け置きしましょう。

翌日たわしやアルミホイルで擦ると焦げ付きが取れやすくなります。

またプラスチック性の会員カードを皮スキのように使ってそぎ落とすこともオススメです。ちょうどいいサイズのバケツを持ってない時は、ダンボールを使ってください。

ダンボールに40Lサイズのビニール袋を設置して簡易バケツを作ります。ダンボール下部の4角の1つを斜めに切り落としておきます。(3角形の穴ができる)

一晩浸け置きをしたあとはダンボールの3角形の穴からビニールを引っ張りだして切れ込みを入れれば排水が楽です。

それでも落ちない頑固な焦げが付いている場合は、さらに重層を振りかけて歯ブラシなどで磨くと、落ちやすくなりますので、是非やってみてください。

重曹は炭酸ソーダよりもpHが低いですが研磨作用があるので焦げを擦る時に有効です。

IH・ガラストップの掃除の注意点

コンロやIHガラストップの掃除は重曹や酢で五徳は浸け置き

IHガラストップのお掃除は、五徳に比べて平面だから簡単と思われがちですが、ゴシゴシ磨くとガラストップに傷がついてしまいます。焦げが付いていてもゴシゴシ磨いてはいけません。

軽い汚れの場合は、クレンザーをつけてラップを丸めたもので、汚れの部分を優しく擦ります。その後布巾で拭きとりましょう。

ラップは丸めることでできたたくさんの角が突起部分となり汚れをかき出してくれます。

また雑巾と違いクレンザーを弾くため、クレンザーの能力を100%の量で発揮することが出来ます。

それでも落ちない場合は、コンロの掃除方法でご紹介した、酢と重曹と台所用洗剤を混ぜ合わせた手作り洗剤を使用します。

汚れの部分に塗ってラップまたは、濡れ布巾を被せます。

そのまま半日ほど放置すると、焦げ付き部分が柔らかくなり、落ちやすくなります。布巾でサッと拭きとると汚れがキレイに落ちます。

かなり長期間にわたって汚れを放置し、上記の方法でも焦げ付きが固く残って落ちない場合は、専用のカッターで擦って焦げ付きを落としましょう

ガラストップを傷つけないように、表面のを大まかに汚れを擦りとって、その後に再度重層のペーストでパックして落としましょう。

この専用カッターを利用する方法は最終手段です。集中してカッターの角度を一定にしないと傷だらけになるので自信がない場合はやめておきましょう。

IHガラストップは、出来る限り擦らず優しくお掃除するように注意しましょう。そのためにも汚れが初期段階でとれるように、こまめに掃除を行いましょう。

コンロやIHガラストップの簡単掃除方法のまとめ

  • 頑固なコンロ汚れは酢+重曹+台所用洗剤でパック
  • 五徳汚れは重曹で煮るか熱湯で浸け置きし最後に擦りとる
  • IHガラストップは傷つきやすいのでサランラップで優しく擦る
  • IHガラストップのひどい汚れも酢+重曹+台所用洗剤でパック

コンロやガラストップに付いた頑固な油や焦げ汚れは、放置して料理を繰り返すと、ますます落ちにくくなってしまいます。

落ちにくくなっていくたびに掃除の作業量が増えるので非効率です。早い段階で汚れを落とすようにしましょう。

早い段階ならすぐに落ちるので、わざわざ年末年始までまって置く必要もありません。

スッキリしたきれいなキッチンでのお料理は楽しくなります。調理後は汚れたらすぐに拭くを習慣にして、いつも清潔できれいなキッチンを保ちましょう。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ