ドラム式洗濯機のカビ取りのコツと頻度!重曹・酢・ハイター・クエン酸・セスキどれがおすすめ?

ドラム式洗濯機のカビ取り方法とコツ

最近の洗濯機はドラム式洗濯機を使っている方が多いと思います。

洗濯から乾燥まで一気におこなうことができますし、干す手間もないから楽ですよね。私も乾燥機にかけるとタオルがふかふかになるので、乾燥機よく使います。

しかしそのドラム式の洗濯機、きちんとお掃除していますか?実は洗濯機も掃除をしないとカビの温床になり、洗濯をしてもカビをつけている可能性も…

実は私も洗濯機って掃除が必要なの?と思っていましたが、実際に掃除をしてみると結構黒いものが出てきて驚いた経験があります。

ドラム式を使用していてもなかなか掃除しないこと多いと思います。そして「なんか洗濯槽から匂いがする…」と気になって調べることも。

そこで今回はドラム式洗濯機のカビ取りのコツや頻度についてご紹介します。

ドラム式の掃除には重曹や酢、ハイターといったものからクエン酸、セスキを効果的という情報がたくさんありますが、一体どの掃除方法が良いでしょうか。

実際に調べてみて、おすすめで効果的なドラム式洗濯機カビ取り方法を紹介します。

スポンサーリンク

ドラム式洗濯機のカビ取りのコツ

最近のドラム式洗濯機は本当に高機能で汚れをよく落としてくれるので大助かりですよね。

お気に入りの服にはお気に入りの香りをつけたいので柔軟剤選びにも余年がありません。さて今日も洗濯物をきれいにしようとドラム式洗濯機を開けてみると…

「臭い…!なんかにおう!!」、そういえば昨日洗ったバスタオルもいつもより柔軟剤の香りがしなかったかも…はい、それカビが原因かもしれません。急いでドラム式洗濯機のカビ取りをしましょう。

紹介する方法はドラム式洗濯機で行なうことができますが、運転途中でドアが開けられないものは出来ません。その際は洗濯機の取扱説明書の方法を遵守してください。

また「すすぎ」の前に浮いてきた汚れである黒いカビを必ずすくい取る必要があります。黒いカビを取り除かないとパイプなどがつまりを起こし故障原因となります。

ここで記述する洗濯槽ハイターは酸素系漂白剤のものとなります。目安は水10Lに100gです。お湯は40度~50度が目安ですが洗濯機によって耐えられる温度があるので取扱説明書を確認して下さい。

  1. 洗濯槽内を空っぽにする
  2. つけ置きコースを選択する(水位は最低ラインで)
  3. 「洗い」のみを設定し「すすぎ」「脱水」を外す
  4. ハイターをお湯に溶かし扉からこぼれないギリギリまで中に入れる
  5. 「洗い」をスタート
  6. 終了したら扉を開け浮いている黒いカビをすくい取る
  7. すくい終わったら「すすぎ」「脱水」
  8. 「脱水」終了後、残った汚れを取り除き乾燥させる
  9. 排水フィルターを掃除して終了

1度の運転で取りきれないほどのひどい汚れの時は手順1~9を数回行いまししょう。黒いカビや汚れを見ると寒気がしてしまいますがこれがとれている証拠です。

ハイター(酸素系漂白剤)はカビ取りの洗浄効果が高いので洗濯槽の掃除におすすめです。

ちなみに、洗濯機掃除の洗剤はお湯に溶かさずそのまま洗剤を洗濯機の中に入れることもできますが、お湯に溶かしたほうが効果的に汚れを落とすことができます。

忙しい時や汚れがあまりない時はお湯に溶かさずそのまま洗剤をいれても大丈夫ですよ。

 

重曹と酢を利用したドラム式洗濯機のカビ取りのコツ

赤ちゃんや子供のことを考えるとハイター(酸素系漂白剤)が不安という方は「重曹」と「酢」を利用したカビ取り方法があります。

やり方は1~9のハイター(酸素系漂白剤)を「重曹」と「酢」で作った洗剤に変えるだけです。「重曹」コップ1杯に対して「酢」30mlでカビ取り用洗剤を作り利用することができます。

ただし「重曹」と「酢」を利用したカビ取りには注意点があります。それはメーカーによっては洗濯機に「重曹」を利用することが禁止されているものがあります

その場合はハイター(酸素系漂白剤)を利用する、または取扱説明書に記載されている方法でカビ取りを行って下さい。

スポンサーリンク

クエン酸を使ったドラム式洗濯機のカビ取りのコツ

クエン酸は弱酸性の洗剤なので石鹸カスがよくとれます。ドラム式洗濯機のクエン酸を利用したカビ取り方法はいたってシンプル、空っぽにした洗濯槽に15gを入れて通常運転するだけ。

この方法で水垢や石鹸カスがとれるます。ただし縦型洗濯機と違い全体を一晩つけ置きすることが不可能なため汚れがひどい場合は重曹+酢、またはハイター(酸素系漂白剤)を利用したほうがよいでしょう。

 

セスキは洗濯機のカビ取りに向かない

セスキとはアルカリ性で重曹よりも水に溶けやすくエコ掃除で注目されています。そんなセスキですがやさしい洗浄力のため洗濯槽のカビを取るほどの力はないと言われています。

洗濯槽ではスポット的な1~2ヶ月の洗浄につかうというよりは日々の洗濯物に利用していて黒カビなどをつけにくくなったかたちです。

 

縦型洗濯機のカビ取りのコツ

洗濯機のカビ取り重曹やクエン酸や酢やハイターどれが効果的か

最近ではドラム式洗濯機が多いですが価格が安いため単身赴任や一人暮らしで縦型洗濯機を利用している人もまだまだいると思います。

もちろん縦型洗濯機でもカビ取りを行なうことができます。方法はドラム式とほとんど変わりません違いは4.「洗い」が終了したら2時間ほどつけ置きを行なうこと。

また縦型洗濯機ではハイター(酸素系漂白剤)が過剰に泡つことがあります。そんな時は洗面器などで泡を取り除いて下さい。

「重曹」と「酢」を利用する方法も同じですが重曹が使えないタイプのものもあるので必ず取扱説明書を呼んでから行って下さい。

クエン酸を利用する場合はぬるま湯をいっぱいにはって1カップのクエン酸を投入し、3分ほど「洗い」を行います。その後1日放置し翌日通常運転させたらOKです。

 

ドラム式洗濯機のカビ取り頻度

2~3ヶ月に1度が目安になります。

しかし洗濯機の使う頻度や湿度の高い季節は洗濯機内もカビが発生しやすくなります。自分で匂いなどをチェックし、気になる場合は頻度をあげて掃除しましょう。

他にも衣類についたカビ取り方法布団やカバーについたカビ取り方法もご紹介しています。

特に春~秋の暑い時期は洗濯機だけでなく、いろいろな場所にカビが生えてくるので参考にしてください。

 

ドラム式洗濯機のカビ取りのコツまとめ

  • 「重曹」+「酢」の洗剤とお湯でカビを取る
  • それでもダメならハイター(酸素系漂白剤)がおすすめ
  • クエン酸、セスキはカビ取りにはパワー不足

日々の生活には水仕事が切っても切り離せないものです。特に洗濯機は終了後にドアを閉めてしまったり、すぐに洗濯物を入れてそのままということも多いですよね。そうなれば当然カビにとって別荘地帯なわけです(笑)

管理人も洗面所のスペースが狭いので、ドラム式洗濯機は洗濯物を入れて必ずドアを閉めます。本当は開けっ放しにしているほうがカビなども生えないし、匂いもこもらないので良いんですが…洗面所使う時に邪魔なのでなかなか難しいです。

家の洗濯は2日に1回ペースですが、ドアを開けるとちょっと匂いがするので、洗濯機のお掃除はかなりこまめにやってます。服から嫌な匂いがするのが嫌なので、夏場は1ヶ月に1回必ずおこないますよ。

冬場は逆にあまり汗もかかないし、嫌な匂いもしないので2ヶ月に1回です。

洗濯機だけでなくカビは人間にとっては迷惑この上ないですよね…うまくカビ取りを行ってお気に入りの服を守ってあげて下さい。

スポンサーリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ